>  > 出稼ぎ専門の風俗店では地方と都市部では稼ぎが違う

出稼ぎ専門の風俗店では地方と都市部では稼ぎが違う

風俗業界は1999年以降、改正風適法が施行されてから規制が厳しくなり、まっとうに運営していない風俗店は消えていきました。残っている店舗の多くは正しく運営をしており、信頼に値しますが、その中でも騙し騙しで運営している店舗も少なくありません。世間一般的に風俗業界はいいイメージを持たれていません。そこで働く事も偏見を持たれますし、人格否定とまでは言いませんが、働いたとしたら代償はかなり大きいようです。世間的に風俗で働いている事がバレてしまえば社会的にダメージは大きいでしょう。変な男にバレれば脅される事も考えられますし、風俗で働いている=股がゆるい、と思われてしまうので男性からも女性からも厳しい目で見られてしまうでしょう。風俗で働く女性で最も防ぎたいのは自身の身バレです。ですので、風俗で働こうとする女性は地元ではなく、少し離れた場所で働きます。万が一バレてしまっても地元までその情報が広まらない程度に距離は取るのが常識です。地元で働く女性は開き直っている事が多く、風俗で働くことを何とも思わない女性が目立ちます。生計も風俗で働いたお金で立てており、他の企業に勤めている女性はいないと思います。逆に地方や少し離れたエリアから通いで働きに来る女の子は副業で風俗に勤めている女の子が多い印象です。そういったリスクが大きい風俗業界では全く自分の事を知らない人がいるエリアへ期間限定で出稼ぎ専門の風俗店に務める方が多くなってきました。出稼ぎが流行った理由としては先に述べたように身バレのリスク回避を含みますが、その他は高待遇を求めて出稼ぎに来る女の子が増えているからです。ですが、正直な話をすると都内に出稼ぎに来る場合でしたら高収入を得られると思うのですが、逆に都内から地方へ出稼ぎに行くのは収入は落ちますし、旨味が感じられない場合が多いのです。風俗店の繁盛は人の多さに関係します。多ければ多いほど風俗店の売上は比例して上昇します。また風俗店同士の競合数も関係してきますが、ざっくり説明すると人の多さが非常に重要になります。都内に比べて地方は人が少なく、年齢層も高くなります。都市部へ出稼ぎに行くのでしたら収入はそれほど大きく変化はないかと思いますが、それ以外のエリアの出稼ぎ風俗店に務めるのは少し考えたほうが良いかもしれません。ですが、一概に地方エリアは収入が低いとも言いきれないので、それは自身で見極めていくのが一番いいですが、相場の話をすれば先に述べたように収入に格差が生まれてしまうのは必然なのです。

[ 2015-09-19 ]

カテゴリ: 求人体験談

風俗 出稼ぎ