>  > 錦糸町でデリヘルを使う利点

錦糸町でデリヘルを使う利点

錦糸町は風俗業界の中でも稼げるエリアではありません。なぜならば利用者のレベルが低いからです。より良い風俗サービスを求めて利用者が訪れるのではなく、より安く満足いくサービスを求めている男性が殆どだからです。すると、高級な風俗・デリヘル店は存在せず、街自体の生産性は非常に低くなるのです。夜のお店も同様で、ガールズバーやキャバクラといった店舗も各々の価格ではなく錦糸町価格といったレベルでしか商売ができないでしょう。こういった理由は明確で、ソープランドのような確固たる風俗店が存在しないからといえるでしょう。ラブホテルが多い面もそれを否定するかのような状況で、デリヘル店が非常に多いです。高級店があれば、街も落ち着きがありハイブランドなホテルも存在しています。それができないというよりも、そもそも錦糸町は東京の下町地域に属するので、過去から現在まで変わらない雰囲気できているところがネックなのでしょう。区画整備や再開発があったり富裕層向けの施設ができたりといった変化がなかったことが一番の理由かもしれません。駅周辺には有名百貨店などもあり街の規模に見合う施設もありますが、それを利用する人達がそもそも周辺地域の庶民では、町も腐敗を極めるしかなかったのかもしれません。もしもソープがあったとしたら、別の意味で活気付きもっとディープな街へ(風俗街)と変貌していたかもしれないので、そこは逆に良かったのかもしれません。もしも錦糸町が地方の主要駅などであったとしたら、早かれ遅かれ廃れていることは間違いないでしょう。

[ 2014-12-12 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

錦糸町 風俗