>  > 福原は唯一無二のソープの街

福原は唯一無二のソープの街

福原はに関しては大きなソープ街があるので訪れる方は女性よりも男性客が多く、ソープを利用しに来ている風景をよく見る出来ますが、三宮の場合は町自体が発展しており、おしゃれな街になっています。男性に限らず若い女性が多く、三宮ではランチでカフェに訪れる女性が多く見受けられます。街の雰囲気も非常に独特で貿易港として栄えた神戸の面影を感じられます。西洋と和の建物が入り混じる街で非常に珍しい街でもあります。三宮でもヘルス店が栄えているのも以前遊郭のあった福原で分散したお店が移り経営しているのではないでしょうか。神戸市にはソープが栄える福原と独特な街で老若男女が多く訪れる三宮があり、神戸を活気付かせているのは間違いないです。ソープが栄える、ヘルスが栄えるのは街にとっては悪いイメージを与えてしまう要因にはなってしまいそうですが、男性にとってはなくてはならない娯楽で、街にどうやったら上手く溶け込めるのか福原も三宮もよく熟知していると思います。ソープとして有名な神戸・福原はあまりにも大きく栄えてしまった為にソープの街としての認識が強いですが、三宮のように街と上手く共存できるような街が全国にも広がっていければと思います。神戸市はそれが上手く出来ており、観光客やソープなどの風俗店を利用しにくるお客を上手く呼び込めているのではないでしょうか。神戸市でソープを利用できるのは福原だけで、その他の神戸エリアではソープ以外の風俗店になります。神戸と言うよりも兵庫県でソープを利用できるのは福原のみでソープを目掛けて利用されるお客さんは福原にしかこないのです。ソープ街として有名な福原の柳筋は昼に来ると人通りも少なく柳の木が道路に沿って植えられておりますが、柳の木ですのでそれほど華やかに茂らない為、少し寂しく映って見えます。逆方向に桜筋という通りがあるのですが、そこは桜の木が植えてあり春になると桜を見に訪れる地元の方が多く来られます。桜筋の通りでも風俗店が建ち並んでおり、桜が咲いている期間以外は子供や女性は立ち寄らない変わった街でもあります。柳筋は新開地駅を降りて歩いてすぐのところにあり、徒歩圏内でいける場所に位置しています。この柳筋の入り口に対角する位置にあるのが桜筋となります。桜筋も入ってすぐにソープなどの風俗店が建ち並んでいますので入り口から出口まで風俗店がひしめき合って点在していることになります。

[ 2015-07-26 ]

カテゴリ: ソープ体験談

福原 ソープ