>  > 京都の性風俗文化とは

京都の性風俗文化とは

京都の風俗の歴史はあまり濃いとはいえないでしょう。というのも京都ほど厳格でしっかりとモラルのある街も少ないからだ。昔から、京都は日本の中心地であった為、乱れた性文化自体が表向きには存在しなかったと考えられる。もちろんまったくなかったかといわれればそうではなく、過去には一部で現在のソープランドのような地域も存在しています。遊郭があったとされる島原は今では存在していませんが、今の京都を見れば当然の結果といえるでしょう。しかし、現在ではそれらに類似した文化は殆どなく、祇園などの芸者遊びとの文化とはまったく違います。知識のない方であれば芸者さんといやらしいことが出来るなんて想像を思想ですが、芸者遊びほど健全なものもないでしょう。あくまでもお金持ちの道楽遊んびなのでまったく結びつくこともないのです。では現在の京都で風俗を利用することが出来るのかと疑問になりますが、殆ど利用できないといっても過言ではないでしょう。観光地の景観を乱すような店舗型風俗店は見られませんし、夜の街並も殆ど存在しません。こうなると活躍するものはデリヘルになるわけですが、デリヘル自体も観光文化やビジネスマンの出張時にマッチしたものではないでしょう。何故ならば、そこが京都だからということに尽きます。どこに行っても観光客だらけな世界のどこに風俗を利用しようという人がいるのでしょうか。それは地元の人間だけです。ですが、さすが性風俗の需要は高く、まったくないというわけではないのです。幸いなことにデリヘルなどではホテルという営業向きな一等地が存在するわけですのでいくらでも活動が可能です。世間一般の認識の祇園などのブランドを利用してサービス展開する店舗もあるでしょう。凄く盛り上がりがあるというわけではありませんが、京都のような街でも風俗というものは人気があるのです。

[ 2015-01-25 ]

カテゴリ: デリヘル体験談

京都 風俗